YUASA.ORGトップページへ戻る

Welcome to JQ2MPJ Website

 

 ■ JQ2MPJ(本局)
  ▼ はじめに
  ▼ 開局の経緯
  ▼ 無線局免許状
  ▼ 歴代無線機
  ▼ 現況

     アンテナ
  ▼ デジタル簡易無線(登録局)
  ▼ 簡易無線(免許局)
  ▼ 中国ライセンス
  ▼ パーソナル無線局
  ▼ SSTV運用情報

 

 ■ JP7EGQ(副局・別荘地)

 

 ■ HL5/JQ2MPJ(大韓民国)

 

 ■ T88YT(パラオ)

 

 ■ 沿革

 

 ■ リンク及び著作権について

 

 ■ 免責規定

 

 ■ 無線局免許状Museum

 

 


SSTV情報

2015-04-25 作    成
 2017-03-18 第1回改訂

 

当局では、アナログSSTVの運用を積極的に行っております。

リピーターシステム運用日程

 現在、移動運用の予定は決まっておりません。

 

リピーターシステム使用方法
 

手順 送信者 操作方法  
貴局 1750Hzトーンを約2秒(だいたいで結構です)送信し、一旦PTTを離してください。(リピーターシステムを起動できます)  
当局リピーター 3秒後、システムから
「JQ2MPJ SSTV K」と、CWが返答されます。
 
貴局 リピーターシステムの返答から10秒以内に貴局から画像を送信開始してください。
(10秒以上経過すると、リピーターシステムは一旦終了し、画像をお送り頂いても当局の画像をお返しできませんので、再度1からやり直してシステムを起動させてください)
 
当局リピーター 貴局の画像を正常に受信すると、受信終了3秒後から、受信した画像のサムネイルとともに当局の画像をお返し致します。  
 

*リピーターシステム稼働中は、不測の事態(自動停波しない等)に備えて、在宅時の運用と極力モニタリングを行っていますが、受信を待つというシステムの性質上、離席することがありますので、音声でのQSO等リピーターシステム以外では応答できないことがございます。

*1750Hzトーンを送信しても、システムからのCWが聞こえない場合は、エリア外(相互交信不可)又は運用時間外となります。その場所から画像の送信はしないでください。

 

 

de JQ2MPJ

Copyright (C) 2012 Toru Yuasa, All Rights Reserved.
本サイトの内容を事前の許可無く、他のメディア(他のサイトやメーリングリスト、雑誌等)に転載することは固くお断りします。