YUASA.ORGトップページへ戻る

Welcome to JQ2MPJ Website

 

 ■ JQ2MPJ(本局)
  ▼ はじめに
  ▼ 開局の経緯
  ▼ 無線局免許状
  ▼ 歴代無線機
  ▼ 現況

  ▼ デジタル簡易無線(登録局)
  ▼ 簡易無線(免許局)
  ▼ 中国ライセンス
  ▼ パーソナル無線局
  ▼ SSTV運用情報

 

 ■ JP7EGQ(副局・別荘地)

 

 ■ HL5/JQ2MPJ(大韓民国)

 

 ■ T88YT(パラオ)

 

 ■ 沿革

 

 ■ リンク及び著作権について

 

 ■ 免責規定

 

 ■ 無線局免許状Museum

 

 


歴代無線機

2012-03-14 作    成
 2015-04-21 第3回改訂

 自分も歴史を語れる年齢になって来ました。ここで今まで私と出会い、お世話になった無線機たちを紹介したいと思います。

 「歴代」なので、ここにあるものはすべて手放しているものです。

 基本的に故障して処分したものはなく、全て売却しています。

 

1999年?〜
(売却済)


ユピテル MVT-3300

広帯域レシーバー(受信機)

1万2千円か1万9千円ぐらいです。何分古いので曖昧で。

もちろん現在所有していません。古い記憶を思い出しながら、
メーカーのサイトから何とか発見できました。

これで航空無線や近所の中学校のワイヤレスマイク、消防無線を傍受していました。本当に生きている情報に一喜一憂したものです。

BNCアンテナジャックがすり減ってゆるゆるになるくらい使いました。

 

1999年?〜
(売却済)

(頑張って写真を
探しています)


ユピテル CT-411

特定小電力トランシーバー(10mWタイプ)

多分、1台9800円だったと記憶しています。

2台セットで所有していました。
MVT-3300と組み合わせて色々と遊んでいました。

 

2004年5月〜2006年1月
(売却済)


YAESU FT-50N

アマチュア無線機ハンディ機

2万円ぐらいだったと思います。

残念ながら2005年に買い足しした高性能ハンディ機VX-7にバトンタッチのため、売却したのでもう手元にはありません…

自分で受信改造(1個部品を取るだけでしたが)もしました。

 

2004年頃?〜2008年2月
(売却済)

マルハマ RT-540S

広帯域レシーバー(受信機)

これは1万円以下でした。

MVT-3300の老朽化による買い替えだったと思います。

FT-50Nの電波がちゃんと出てるかのチェックに使用しておりました。

こちらも、引越による荷物整理で売却しましたが、やっぱりちょっとしたテスト用として受信機は欲しいなぁと思う今日この頃。

2004年頃?
(売却済)

icom IC-R3

広帯域レシーバー(受信機)

液晶画面付きでTV放送の映像も見ることができるのが魅力で購入しました。

たしか5万円ぐらいしたと思いますが、思いのほか使わなかったので、意外に短期間で手放しました。

2004年9月〜2008年2月
(売却済)

icom IC-2720

アマチュア無線機モービル機

2〜3万円だったと思います。

実家に住んでいた頃のもので、かつ開局からちょっとしてから買い足したものです。

自宅で固定として使用しておりました。将来車を買ったら車に積めるからと思ってモービル機を買ったのですが、引っ越すときに荷物整理で手放してしまいました。

今までハンディ機しか持っていなかったのでとにかく操作がしやすく、音も聞き取りやすく、大好きでした。これにAMラジオまで受信できるぐらいのワイドバンドレシーバー機能がついてたら絶対に手放さなかったと思います。でも、実はまた買っちゃおうかなぁとも思ってたり。。。

2013年7月〜2014年8月
(売却済)

バーテックススタンダード FT-60

一軒家に引越し後からアパマンの4年間縮小気味だったアマチュア無線の規模を大きくして色々実験していくうちに受信機でももう1台あるといいなぁ。という考えで折角なら送信もできるものをって購入したもの。

本機ではEchoLinkやVX-7からの試験実験電波受信用として使用していたが、実際の稼動は数日のみ。

1年後にFT1Dを購入して金欠となったことから、少々高値で売れそうなVX-7と、状態は良いが高値の期待できないFT-60のどちらをお役御免にしようか考慮した結果、やはりVX-7は残しておきたく、FT-60が売却となった。

19800円で購入したものが、ほぼ新品同様だったのもあって16000円で売れたのがなんとも奇跡。

 2005年02月〜2015年3月
(売却済)

バーテックススタンダード VX-7

約10年間保有していた古参の機器ですが、バッテリー劣化が進行してバッテリーも約7K円といい値段するので、経年を考慮するとそろそろ世代交代かなと、デジタルトランシーバーFT1Dに世代交代して半年ほど後にオークションにて売却して、正式に当局から退役しました。

アマチュア無線機はアナログなシステムで技術も成熟しているからか、10年経っても購入価格の3分の1という高値で売却できるということがなんか素晴らしい。

 

 
     

de JQ2MPJ 湯浅 徹

Copyright (C) 2012 Toru Yuasa, All Rights Reserved.
本サイトの内容を事前の許可無く、他のメディア(他のサイトやメーリングリスト、雑誌等)に転載することは固くお断りします。