YUASA.ORGトップページへ戻る

MMVARI及びMMSSTVを使用する場合の申請方法

 

 ■ はじめに

 

 ■ 申請方法

 

 ■ 書類の書き方

  ▼ 無線局事項書及び工事設計書

  ▼ 送信機系統図

  ▼ 付属装置諸元

  ▼ 電波型式対応表

 

 ■ 参考資料

 

 ■ リンク及び著作権について

 

 ■ 免責規定


 書類の書き方 > 電波型式対応表

電波型式対応表

 

プログラム名 信号種別 変調方式 モード 電波型式
MMVARI RTTY AFSK SSB F1B
AM A2B
FM F2B
PSK ABPSK SSB G1B
AM A2B
FM F2B
CW
(3アマ以上)
SSB A1A
AM A2A
FM F2A
MMTTY RTTY AFSK/FSK SSB F1B
AM A2B
FM F2B
MMSSTV SSTV SCFM SSB F3F
AM A3F
FM F3F

 

  ・MMVARIの場合で、SSBモードの場合はRTTYとPSKで異なる電波型式となります。F1B/G1Bをセットで申請して下さい。

  ・一括記載コードに属さない以下の電波型式は、個別に指定を受けることができます。

    ・ 第四級アマチュア無線技士が免許を受ける場合 − A2B/F2B/A3Fが個別指定
    ・ 第一、二、三級アマチュア無線技士が免許を受ける場合 − A3Fが個別指定

   ※ A3Fは、1.2GHz帯以上で免許を受ける場合は、3SA又は4SAに含まれます。

 

de JQ2MPJ 湯浅 徹

Copyright (C) 2005-2007 Toru Yuasa, All Rights Reserved.
本サイトの内容を事前の許可無く、他のメディア(他のサイトやメーリングリスト、雑誌等)に転載することは固くお断りします。