Windows 98 Second Edition のセットアップ (5/5)

(GUI部/インストール後トラブルシューティング・微調整)

 

 

あちゃー!ひっかかりました。

この問題は仮想環境特有のものと思いますが、config.sysの
device=c:\windows\EMM368.EXE RAM の後に「NOEMS」を追記すると解決する。

 

config.sysファイルを修正して無事起動

 


 ↑普通の人はこちらのほうが見たことあるかな。

ネットワークアダプタを検出しているので、「ネットワークパスワード」入力画面です。

 

新しいハードウェアを買うとこの画面が出てなんだかわくわくしたものです

 

標準ではVGA(640×480)なので、使いづらいのでディスプレイアダプタを更新。サウンドは何もせずとも出ました。

Universal VESA/VBE Video Display Driver のサイトにあるドライバを流用できるようですから Universal VBE20 version. * をダウンロード。2008年と2010年版がありますが、私は2010年版で特に問題なく動いております。http://bearwindows.boot-land.net/vbe9x.htm#2

 

なつかしきWindows98のデスクトップ画面が現れました。このバックのグリーンが案外好きです。これくらいすっきりしてた方がいいかも。

 

IE(インターネットに接続も)をクリックしてもこの画面が出てインターネットに一切つなげないので、赤いMSNアイコンを消します。どうしてもMSNを契約させようとする作戦でしょうか?

 

そうすると、インターネット接続ウィザードが表示されるので、仮想環境ならLAN扱いでOKです。しかし、IEが5(暗号40BIT)なので、ほとんどの主要サイトは閲覧できません。

 

なつかしきWindows98が仮想環境で復活しました。

あとは、IE6を入れて、IME2000を入れてちょこちょこっと昔を懐かしみながら遊びたいと思います!

次回はWindows meで

 

(2013/02/23)

 

<<前へ    最初へ戻る>>