このページでは様々な無線局の免許状を説明とともに掲載しています。
画像や文章の転載は禁止します。リンクはご自由にどうぞ。

概要

  • 設備の種別 

  • 許可の番号先頭記号 高

  • 発行者 総合通信局長

  • 概要
    • あまり知られていない第3の無線局免許状のような存在。電波法(第100条)にきちんと規定されている制度である。
    • 今は身近な電子レンジも昔は高周波利用設備許可状が必要だったとか。
    • 現在は、直接通信に用いない設備(医療用機器等)や一定規模以下の通信設備(漏洩同軸ケーブルによるトンネル内無線再送信設備など)を利用する際に必要となる。
    • 通信に用いない設備も許可を必要としている理由は、もし無線通信に混信や妨害が生じた場合にその発生源を特定しやすくするためのようです。

    • この許可状は、長野県にある比較的新しい権兵衛トンネルの高周波利用設備許可状。このトンネルにはAMラジオの再送信設備が設置されており、その許可状であるが、無線局免許状とは異なり使用される周波数や出力などの記載はない。

高周波利用設備許可状サンプル

highfrequency.png

このサイトに関する連絡先 jq2mpj@yuasa.org

http://yuasa.org
無線局免許状MUSEUM
[ 高周波利用設備許可状 ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン